結婚相談所ってどうなの?

バツイチの人が結婚相談所を利用する場合

スポンサーリンク

『一度は結婚したい』という人が結婚相談所を利用することが多いでしょう。

 

しかし、『もう一度結婚したい』という希望を持って結婚相談所を訪れる人も結構いると思います。

 

つまりバツイチ、もしくは何度が結婚を経験した人が結婚相談所を利用するということになりますが、こういった人はどのような利用の仕方をするといいのでしょうか。


結婚相談所に入会する時にはプロフィールを作成することになります。

 

このプロフィールには色々なテーマや分野で自分の情報を記入することになりますが、その中には結婚の経験があるかどうかを問われることもあるかもしれません。

 

しかし、そういったことを特に明示する必要を問われないプロフィールもあるでしょう。

 

どちらの場合でもバツイチであるということは隠さずに記入をしておいた方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

自己PRなどの欄にバツイチである旨を正直に書いておくことが求められると思います。

 

確かにバツイチだと不利になることもあるでしょう。

 

しかし、結婚の経験をしているからこそわかることもあります。

 

交際がスタートした後で打ち明けて上手くいかなくなるよりは最初にそれを受けて入れてくれる人だけに照準を絞った方が有益だとも言えますし、逆に良い印象を与えることにも一役買ってくれるでしょう。

 

結婚相談所では正直者は必ず良い思いをします。


バツイチであるということを隠していても結婚相談所では良いことはありませんから、出来るだけ自分からそれを出すようにしてください。

 

人間性がしっかりとしていればそういった過去にはこだわらずに交際してくれる人もいます。

 

むしろ結婚相談所はそういった人を探す場でもあるわけですから、全てをオープンにして異性と接するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加